ABOUT

当ブログにお越しいただき、ありがとうございます!

はじめまして!アラサー看護師の“しおさら”です。

アレルギーの根本治療である、「減感作療法(皮下免疫療法)」の記録のために、このブログを始めました。

長年付き合ってきたアレルギーを根治させるべく奮闘中!

治療のこと、仕事のこと、日々考えていることを気ままに更新しています。

これまでの経歴

  • 2012年
    大学の看護学部を卒業

  • 2012年 – 2017年
    総合病院の心臓血管センターに5年間勤務
  • 2017年 – 2019年
    青年海外協力隊として南米パラグアイで活動

  • 2020年
    ケアマネージャーの試験に合格
  • 大学の看護学部で実習講師として勤務
  • 2021年〜
    訪問看護師として勤務予定

アレルギーの治療歴

  • 6ヶ月
    旅行先でアレルギー発作 ⇒ 喘息、食物アレルギーと診断

    自宅で吸入器を使用しながら生活、発作が出たら病院の救急に受診するという日々を送る。

  • 6歳
    牛乳と卵が食べられるようになる
  • 9歳
    喘息発作で入院
  • 13歳
    症状の改善 ⇒ 通院自己中断
  • 18歳
    鼻炎がひどく、市販薬「ナザール」使用開始
  • 19歳
    鼻炎治療のため内服開始 ⇒ 大学授業中の眠気に耐えられず自己中断

アトピー喘息鼻炎食物アレルギーと、昔からアレルギー体質だったため、物心ついたころから通院していたのを覚えています。

体が大きくなるにつれ、徐々にアレルギーは減っていきました(と、思っていました)。

アトピーや喘息発作は消え(たまにありましたが、ちょっと我慢すれば大丈夫)、食べられない物は無くなりました。

残ったのは鼻炎だけ。
その鼻炎も「ナザール」さえあれば日常生活には困らないレベル。

自分がアレルギー体質ということは、頭の隅に追いやられていたように思います。

しかし、あるきっかけで、アレルギーの治療に踏み出してみようと決心しました。

アレルギーの治療を始めたきっかけ

そのきっかけというのは、私の彼の弟(アレルギー科の医者)の、こんな一言。

今の治療は、症状が出たら対処する対症療法じゃなくて、体質を変える根本治療が主流。

ええええええ~~~~~~!!

アレルギーに根本治療があるということを知らずに過ごしてきた私には、衝撃的な出来事でした。

少なくとも私が通院していた20~30年前のアレルギーの治療は、以下だったように思います。

以前は…
  • アレルゲンを減らすこと
  • 発作が出たら治療をすること

しかし今は、

現在は…
  • アレルギー体質を根本から治療して、アレルギー発作を出ないようにすること

といった形に変わってきているそうです。

これは革新的ですよね!!

それでもなかなか病院に行こうとしない私に、彼がうるさいくらいに通院を進めてきました。
(わたしがくしゃみをする、腕を掻く、ナザールを使用する度に。苦笑)

まずは話を聞いてみよう、とりあえず検査してみようと、近くのアレルギー科のクリニックに行ってみたのが事の始まりです。

看護師の仕事をしていながらも、アレルギーの治療に関して知らなかったことばかりで驚きの連続でした。

未知の経験を記録に残しておきたい、伝えることで自分も勉強したい、アレルギー症状にお悩みの方、アレルギーを持つお子さんをお持ちのお父さんお母さんたちに正しい情報が届くことを願って、ブログを始めることにしました。

どうぞよろしくお願いします!

ちなみにこのプロフィールのイラストは、パラグアイにいた時にお世話になっていた人の娘さんに描いてもらったものです^^

2020年11月
しおさら

0
タイトルとURLをコピーしました